市民ミュージカル

市民ミュージカルを広報紙で知り、こないだの日曜日に見に行って来ました。
f0345263_08052777.jpg
『おにころ』という創作ミュージカル


高崎は音楽の街でもあります。
f0345263_08220744.jpg

久々の音楽セーター
f0345263_08213528.jpg



現代の問題になっているいじめ。
ある小学生がみんなからのけ者にされていて、「死んじゃおうかなー」と言うセリフから始まりました。




時は大昔。おにころは、おにのこ。

人里に紛れ込んでしまい、ある農民夫婦に育てられます。しかし、所詮おにのこ。当人はもちろん、里親もいじめに会います。

おにのこも里親も住民と仲良く暮らしたいと思っています。色々やってみても思うようにいきません。いつものけ者。


ある年。
水不足に悩まされた挙げ句、川の水をめぐり、隣村と喧嘩、死人や怪我人も出る程の大事件に発展。

心を痛めたおにころは、二つの村の間を流れる神流川の岩となって、両村に水が行くようにしたと言う、悲しいお話でした。

所々胸が熱くなるお話でした。



場面は現代に戻り、冒頭の小学生も思い直し、希望を持って学校に行き始めました。




このミュージカルは、市民(小学生もいました)とプロの声楽家、そして群馬交響楽団の皆さんで構成されていました。

おにころ。
ないたあかおにを思い出しました。
f0345263_08341266.jpg
子供達を寝かしつけるまでの僅かな時間、読み聞かせをしていました。
大好きなお話のひとつ。

いつもここで声が詰まったなー⤵
f0345263_08425540.jpg

いいお話です🐱
f0345263_08430766.jpg






[PR]
by mi-san715 | 2015-08-26 09:00 | お出かけ(温泉・史跡・鑑賞など)

花、旅、散歩、食べ歩き...時々猫と。


by みい
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31